初めまして

最初の日記投稿になります。

初めまして、田中務と言います。この整体院は1年半前に開院しました。

少しでも身体でお悩みをお持ちの方への手助けになればと思い、日々研鑽しています。

骨格矯正とはなぜ行うかについてお話しします。

骨盤矯正について

骨盤矯正と言っても、施術法は様々ありますが、根本的に何で骨盤を矯正することが大事なのでしょう?

お客様のどこに不調が生じて骨盤矯正をするのでしょう?
痛みだけではなく、骨盤矯正をしてほしいと言われるお客様の状態は様々ですよね。
産後で骨盤の歪みが気になる方、オフィスワークで座っていることが多く腰に不調を感じている方、ダイエットの為に骨盤を矯正してほしい方など理由は様々です。

ただ、一つ申し上げておきたいのが、何が原因で骨盤が歪んでしまっているかですね。
骨盤だけを矯正してもあまり変化を感じることができないまま終わってしまう方はたくさんおられるかと思います。
例えば、立ち仕事で休み時間しか座ることができない方がいたとします。
常にヒールを履き立っています。ここで、すでに前傾姿勢をとっていることがわかります。

姿勢を保つために膝を逆に反らせ反張(膝が前方に曲がっているのではなく、後方に弓なりに反っている状態)になっていることがわかります。立ち方の癖も出てると思われますので、股関節も歪み骨盤まで歪んでいると推測できます。

この状態で骨盤だけを矯正しても何の意味もないことが分かりますよね。
歪むということは少なからずとも筋膜、筋肉にも影響を与えています。
筋肉、筋膜が捻じれてしまい血の流れや体液の流れを阻害してしまい、冷えやむくみといった症状を引き起こします。
筋肉は下半身が全身の約70%を占めています。
下半身が歪み血の流れが悪くなっていれば当然上半身も歪み、血の流れが悪くなりますよね。

結果的に言うと骨盤が単体で歪むのではなく、歪んでしまう原因が他にあるということです。
一つ一つの歪みを取り除き施術をしていけば、結果的に全身が整い身体の不調がなくなり軽くなっていきます。
最終的に血液の流れ、体液の流れもよくなり全身が正常に整い身体の代謝、体温が上がり健康になって行くことができますよね。