症状別ページ

坐骨神経痛とは 坐骨神経痛とは、身体の腰の部分から太ももを通り足先の方まで伸びている神経の事で、これが何らかの形で刺激され痛みやしびれが出ることを坐骨神経痛と言われています。   症状 立っていると片足の脚が痛…

続きを見るarrow_forward

こんな症状でお悩みではないですか? 腰が痛くて整形外科に行ったら骨と骨の隙間が少なくヘルニアと言われた。 整形のリハビリやマッサージに行っても一向に痛みが良くならない。 ぎっくり腰が癖になってしまい何回も繰り返している。…

続きを見るarrow_forward

四十肩、五十肩は医学的には肩関節周囲炎と言います。 症状が発症するのが40代、50代に多いため、そう言われていますが、現在では20代、30代にも症状はみられています。 四十肩、五十肩を患うと、肩関節及び腕の痛みと肩関節の…

続きを見るarrow_forward