四十肩、五十肩でお悩みの方

四十肩、五十肩は医学的には肩関節周囲炎と言います。

症状が発症するのが40代、50代に多いため、そう言われていますが、現在では20代、30代にも症状はみられています。

四十肩、五十肩を患うと、肩関節及び腕の痛みと肩関節の可動制限が顕著に現れます。

 

四十肩、五十肩の症状

  • 着替えが肩の痛みでうまくできない
  • 髪や身体を洗う動作の時激痛が走る
  • 腕を横や前に挙げたり、後ろに回す動作が出来なくなり、無理に動かそうとすると激痛が走る
  • 寝ている時にズキズキと疼くような痛みが生じ寝れない

四十肩、五十肩が起こる原因

四十肩、五十肩が起こるはっきりとした原因はまだわかっていないと言われています。

肩関節は様々な方向に動く関節であり、筋肉や靭帯、骨、関節包(関節を包んでいる膜)等が正常に動くことで安定した動作を作り出しています。

日常生活での姿勢の悪さ(猫背、反り腰他)、身体の使い方、悪い癖などにより、肩関節周囲の血液の流れが悪くなることで、筋肉に行く血流が滞ります。

栄養が供給されなくなり冷えていくと、筋肉が瘦せ細っていきます。

この筋肉の動きが悪くなることで肩関節周囲の筋肉、靭帯に偏った負担が生じ、筋膜や筋肉によじれが出来て痛みが出現します。

日常的に筋肉や筋膜に捻じれを生じさせていると、肩回りの筋肉に偏った負担をかけてしまい、姿勢の歪みが定着して痛みを長引かせる悪循環を作ってしまいます。

姿勢の悪さや、悪い身体の使い方が肩関節周囲に痛みを引き起こす原因にもなるのです。

 

当院の治療法

症状は、急性期、慢性期、回復期と3段階ありますが、その状態に合わせ徒手検査や筋力テストなどを行い痛みを引き起こしている個所を探し出し手技を加えて行きます。

筋肉を包んでいる筋膜の捻れ関節の歪みを正し正常な位置にする事により、肩関節周囲の筋肉に血液をいきわたらせ筋肉、筋膜の回復を促します。

症状が緩和した後は骨格の矯正等で正常な関節の位置に戻し、再発のしない身体へと導いて行きます。

 

まとめ

自分が知らない、気付いていなかった悪い癖、身体の使い方が積み重なることにより痛みが引き起こされているのがほとんどです。

身体の歪みが改善され正常な骨格、関節の位置に戻ることでこんなことが出来るようになります。

  • 痛みを気にせず仕事や家事に集中できる
  • 服薬(消炎鎮痛剤や筋弛緩剤等)を続けるという苦痛から解放されます
  • 日常の生活動作(手を挙げる、服を着替える等)が気にせずできるようになる
  • 痛みによる身体の不調(睡眠不足等)がなくなります

歳だとあきらめず、まずは当院へご相談ください。